So-net無料ブログ作成

ついに買ってしまいました [豆]

通勤用にクロスバイクを購入してから3年、通勤だけでなく近隣へのサイクリングにも挑戦してきました。
水府に行ったり、涸沼に行ったり、大洗まで行ったり。
最長は84km。
一番辛かったのは御岩神社参拝かなぁ。
就職活動で水戸に毎週行くのも雨が降らなければいつも自転車で行ってました。

しかし過去に何度かこぼしてますが、限界を感じていたのも事実。
12kgぐらいあるボディは最初こそ軽い!と思っていましたが、何かにつけて重さに苦しめられました。
アップライトなポジションは乗っていて楽チンなのですが、走行風をモロに受けてスピードが出ないし疲れます。
この自転車で100kmを超えるライドは正直今の自分の体力とか筋力では難しいと思い始めていました。
やはりロードバイクを買って壁を超えてみたい!

そんなことを悶々と考えていた9月のある日のことでした。
愛車cannondale quick4から異音が出るようになってしまいました。
ボトムブラケットあたりから出てるようです。
これはベアリングに何かトラブルが発生しているのかな?
そういえば最近めっきりスピードが出せなくなってる気がする。
今まで7速で登れていた坂道が6速にしないと登れなくなってるし。
3年毎日乗ってるし、そろそろメンテナンスが必要なんだろうなぁと思い、購入した自転車屋に持って行きました。
さて、診断をしてもらってる間に展示されているロードバイクでも眺めていようかなと。
ボーッと眺めているうちにある一台に目が止まりました。

ロードバイクを買うとしたら何にするか。買えもしないのにとりあえず品定めだけならタダですから長いこと色々なバイクの調査をしてきました。
どうせ買うならカーボンロードがいいなぁ。でもとても高くて買えない。
自分の出せる財産ではアルミの低級機になってしまいます。
低級機はコンポーネントが低級グレードになってしまい、操作性などに難が出てしまいます。
せめてsimano 105は死守したい。
条件を限定して行くうちにあるバイクの存在を知ります。
105搭載のアルミロード、でも軽量で安価。
デザインもシンプルですっかりおじさんの自分には似合うと思う。

そのバイクが目の前に置いてあるのです。
しかも展示品価格でお安くなっている。
たまらず店員さんにサイズのフィッティングをさせてもらった所、ぴったりサイズ。
あとはお金の問題だけです。とりあえず少し考えさせてくれということでキープをお願いしました。
あ、quick4も思ったより重症で入院となりました。

しかし残念なことに手持ちの財産では予算に届きません。
なので我が家の財務大臣にお伺いをたてることになります。
結果はok!やったー!
ついにロードバイクが自分のものになる日がやってきたのです!

それから2週間。整備が完了したロードバイクが納車となりました。
FELTのF75というバイクです!
フレームの魔術師ジム・フェルトが率いるドイツのメーカーのハイエンドアルミロードバイクです。
納車の帰りに自宅まで初乗りしましたが、なんだこれは!という感じです。
とにかく軽い!速い!前傾姿勢がきつい!
これはとんでもない乗り物です。
クロスバイクなんて相手になりません。
速く、遠くに楽に自分の力で行ける乗り物、それがロードバイクなんだと実感。
これならこれまで感じていた「超えられない壁」を超えて行ける。

納車から2ヶ月半といった所ですが、なかなかまとまった時間が取れずまだ数回しか乗れていません。
でもその数回は驚きと感動のライドでした。
近いうちにご報告したいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます